ホーム > > 次の妊娠の時を考えると怖い

次の妊娠の時を考えると怖い

痔の仕組みを理解しても出来るのは怖いものですよね。かなり痛いし、つらいですよね。あなたは痔の原因についてどの程度、理解できていますか。

痔ってどんなイメージがありますか。イメージも何もないかもしれませんが、20代女子の私にとっては「おじさんがなる病気」のイメージでした。

ですが、そんな私も、痔になってしまったのです。

妊娠中にかかった一時的なものだったのですが、とてもつらかったです。

まず、ある日突然、お尻に違和感を感じました。

お風呂に入った時に恐る恐る触れてみると、小豆大くらいのプニプニした物体に触れました。

怖くて誰にも聞けなくてネットで検索をかけたら、妊婦さんの9割つまりほぼ全員が、いぼ痔になるとのことでした。

安心してお医者様に妊娠中でも塗布できるお薬を処方して頂き、おトイレに行く度に塗ってはいたのですが、どんどん肥大していき、痛くなっていきました。

ひどい時なんかは歩く度に覗いている、いぼ痔がこすれ、立ち止まってしまう程でした。

主な原因は胎児が私の内臓を圧迫していることでしたので、下手に切除手術などは受けられません。

その他の原因とみられる水分不足と便秘によるお通じの悪さを解消するためにとにかくこまめに水分をとり、お通じをよくするようなひじきや海藻類などを食事にとりいれ努力しました。

産後1年がたつ今はすっかり大丈夫ですがまた次の妊娠の時には、いくら痔の原因が理解できても、また痔になるのではないと考えると怖いですね。

お通じの是正を試せば他の健康不安にも反映できるかも