ホーム > 育児 > 子どもの便秘はほうっておくと大変に

子どもの便秘はほうっておくと大変に

 

子供でも、様々な原因で便秘になることがあります。

 

しかし、たかが便秘だと軽く見ないで、きちんと小児科のお医者さんに診てもらわなければ、後々大変なことになります。

 

便秘は、便が大腸の中に溜まって出ない状態であることは、大人も子供も変わりありません。しかし、大人と違って子供はまだ成長段階ですから、大腸と言ってもそんなに大きくはありません。

 

そのため、便秘を放置しておくと、大腸が太く長くなってしまい、便秘が慢性化してしまうこともありますし、ひどいと便失禁を起こすようにもなってしまいます。

 

子供が便秘になる原因としては、直腸や肛門にあるはずの神経節が成長しないため、直腸に便が溜まっても分からない場合や、肛門が異常な位置にあるために起こる場合など、先天性の病気のこともあります。

 

しかしこれらの病気は、新生児の段階ですぐに発見することができますし、手術すればすぐに治りますので、あまり心配することはありません。

 

それよりも、脊髄の病気が原因だったり、心臓病やぜんそくのために腸の動きが鈍っていることが原因の場合もありますので、軽く見ないですぐに小児科のお医者さんに診てもらうことが大切です。子供の便秘 腹痛と嘔吐

 

しかし、大抵の場合には原因が不明であり、規則正しく生活をして、毎日決まった時間に排便させるようにしつけることで、次第に治って来ることが多いのです。